Tassee's Swinging Diary --- part 2

歌うペテン師、今日も「さらに」行く。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- | - | - |
2015謹賀新年 引っ越しました。



2015年も、何とぞ宜しくお願い致します。


移転先 ブログのURLは下記となります。


 ⇒  http://utaibitt.jugem.jp/



・・・ お待ちしております。 







------------------------







 
Posted by tassee
Topics !! | - | - | 00:00
ありがとう2014 (いろいろ諸々、そして引っ越します)



過ぎ行く2014年に感謝しつつ、今年最後のブログ更新。

ここまで書きそびれていたこと、諸々。


■新宿は末広亭の向かいに、小さな、そして素敵な佇まいの画廊があり、以前に歌イビト語ルの公演に来て下さったEiji Suzukiさんの個展『Innervisions』を観に行った。




美しさは、
少し離れた場所から眺めてこそ、
はじめて朧げに見えてくるもの。

そういった絵描きの主張に、強く共感する。

Eijiさんはロンドン生まれの絵描きで、さびれた街角を放浪しながら描いた作品なども多いのだが、絵のアングルや、被写体風景との距離の置き方が、かつて私が横須賀で暮らしていた頃に撮った写真と似ていて、とても近しい感覚が込み上げてきた。




芸術家は孤独ながら、その人生は必死だというメッセージ。

ご本人には当日お会いすることが出来なかったが、物静かで無口な人柄から多くの想念が滲み出ているような、心に強く焼き付く作品ばかりだった。



■この冬は有難くも多忙にて、年の後半はほとんど映画に触れることが出来なかった。

そんな折、ある晩に動画サイトでたまたま見つけた一本が、1970年・熊井 啓の監督作品『地の群れ』。

かつてはVHSが出ていたらしいが、いやはや、未DVD化もやむなしの、重々しい作品といえる。




これは公開当時の、おそらくチラシ。

この、息を切らして走っている青年こそ、

俳優の寺田誠 −−−− すなわち今から45年前の、麦人さん。




最初は、若き麦人さんの、映画の中での活躍ぶりに興味があって鑑賞しはじめたが、いやしかし、その作品のあまりの強烈さに腰を抜かしてしまう始末となった。

――――― 舞台は、長崎県の佐世保。 物語の背景は、差別問題。




被爆者差別、部落差別、朝鮮人差別の「三種の差別」がうごめく、非常にショッキングで残酷な内容。

差別されるものが差別を行う=集団で差別しあう、差別が繁殖してゆくといった、救いようのない混沌とした世界。


ただ個人的には、これはいまだ現代の日本社会でも、そこいらじゅうに潜在する闇世界だと感じた。

職場の中、マンションの中、商店街の中、学校の中、地域の中、またはそれこそ被災地、福島など。

私たちは、実はこの闇に気付いているのだが、常日頃から、それを「見て見ぬ振りができる」という技術を、心の中に実装してしまっている。

この映画は、要するに正面からそのことを衝き付けている。






■しかしとにかく今年の後半で何よりも驚いたのが、ボブ・ディランの、あの『地下室』の全貌がCD6枚組で発売されたこと。

【ザ・ベースメント・テープス・コンプリート】




≪ざっくりとした背景≫

・1966年、ロック転向後ピーク期のディランがバイク事故。

・静養としてザ・バンドの面々とウッドストックの小屋にこもる。

・毎日毎日、セッションを繰り返し、それを私家録音。
(数ヶ月間に100曲以上。新曲から古い西洋民謡まで)

・レコード会社が音源を一部関係者に配布。
(そこから様々なアーティストがその音源よりカヴァーを発表)

・やがて一連の私家セッション音源が海賊版として出回る。
(世界初の海賊版=ブートレッグLPの誕生)

・数年後、ディラン&ザ・バンド名義にて正式に『地下室』リリース。

・ただし『地下室』で聴けるセッションは15〜16曲ほどで、
 膨大な量の極秘音源はマニアにとって長年の研究対象。

⇒ その全貌が、遂にCDで正規リリース!というわけ(笑)

なんと138曲、全部を聴くと7時間に及ぶというからハンパない。

信者にとっちゃ全てが重要な意味を持つ音源。

とはいえ、2万円なんてカンタンに出せないのがもどかしく。

(5年前のビートルズ『コンプリートBOX』だって未購入なんだし)


しかし、この歴史的音源のリリースによって、あのもともとの『地下室』の存在意義も再検証されるわけで、そうなってくると自室の本棚にあるような数々のディラン研究本もまた、改定を余儀なくされるという感じなのだろう。それもまた貧乏ゆえに購入は無理だと思うが。





■長年ご愛顧頂いた当ブログ【Tassee's Swinging Diary - part 2】ですが、この2014年をもって別のブログに鞍替えする予定。
振り返れば2006年からずっとここで駄文を綴ってきたわけで、自分自身もかなり色々と変わってきたし、そろそろ新たなフォーマットで(しかし変わらずに駄文ではありますが)展開しなおそうかと思ったしだい。

新URL公示、および自サイトTOPからのリンクは年明け以降に。


今年も皆様、本当にお世話になりました。

感謝の気持ち、尽きません。

2015年も、
タッシー田代/歌イビト語ルを、何卒宜しくお願い致します。





-----------------------------------------------

≪予約受付中!お早めに!≫

【歌イビト語ル/2015年、怒涛の四日間ワンマン】



中野区鷺ノ宮 スペースじゃがいも村
 2月10日(火) 19時
 2月11日(水祝) 15時
 2月14日(土) 15時
 2月15日(日) 15時


<特別共演 麦人/各日33名様限定ライブ>
お早めに! ※開演時間が異なりますのでご注意ください※

●予約フォーム= https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180

●詳細= http://www.tashirotakashi.com/010.utaibito.html








 
Posted by tassee
- | - | - | 00:41
ありがとう 初台Red Dragon


惜しまれつつ年内で閉店となった初台Red Dragon。

長年お世話になったこの店で、

千葉綾乃さん企画のイベントが催され、

歌イビト語ルも参加させていただきました!


どーん!(笑)




生まれて初めてのシャネルズ化www

つか千葉さん黒すぎるwww


このへんの爆笑写真はまた後ほど、ということで、

当日はたくさんの出演者でにぎわいました。







楽屋から見える店内の模様。

これまで何度、本番前にこの光景を見ながら緊張してきたことでしょう。





あの楽しい独特な雰囲気も、美味しい料理の数々も、

私にとっては、この日でサヨナラです。


まずは、

マスター&晴美さん&常連のお客様で結成のウクレレユニット、

MOONBOWSが登場!




そこへ、ハワイからきた千葉綾乃さんが加わりますww




フラダンス習ってないのに、なぜ上手いwwww


そして、衣装を早替えで、その名もチバンド登場!






サプライズで、千葉さんからマスター&晴美さんにプレゼント。




千葉さんはずっと何年も前からお店に出入りしていた方なので、

おそらく誰よりも多くの想いが巡った夜だったのではないかと。





私がこの、初台Red Dragonに初めて出演したのは、

2008年の2月だったようです。


人員数が20名を超える勢いだった当時のPONYが、

多人数および大きな会場での展開に疑問を持ち始め、

小規模のバーなどで毎月ライブサーキットをしようと決意、

その一軒目のお店が、この初台Red Dragonでした。




そういった意味で、

私の音楽活動の重要な転機の舞台となったお店であり、

以降、ずっと可愛がってもらってきました。




あの頃、毎月やってたPONYのライブサーキットを振り返ると、

大宮カフェランプ、上野ドゥービーズ、下北沢カラードジャムなど、

どの店も、今はありません。

Red Dragonは、その最後の砦だったようにも思います。




気軽にやれたお店がどんどんなくなっていくのは淋しいですが、

しかし、やはりこれは前向きに考えるべき流れなのではないかと、

自分自身は思っています。




もっと先の景色を、私は、見に行かなければならないのだと。



≪SET LIST≫

-----------------------------------------------

 ■2014/12/21

  初台 Red Dragon



   (01)サーカスにようこそ

   (02)酒場のローズマリー

   (03)銀時計を探せ!

   (04)座布団

   (05)人生喜劇ブラボゥ

   (06)やさしうた

-----------------------------------------------




今回はお店側のリクエストもあって、

銀時計と座布団がメインとなったライブでしたwww

おなじみ “歌返し” は、「思えば遠くへきたもんだ」と、

がっつりワンコーラス分の「あんたのバラード」をお届け!

座布団はキー高すぎて、途中で転調し、低すぎる展開ww



そして!

お待たせしました!

これで見納めか千葉綾乃エネミー(fromニュージャージー)!




黒いw 黒すぎるwwww

さらに私も参戦しましたwww





自分で写真の直視が出来ないんですけどwwwwww


千葉エネミーとのデュエットで、

「この素晴らしき世界(What a Wonderful World)」と、

「男はつらいよ」で熱唱!(爆)





ひどい顔だwwwwwwwwwwwwwwwwww


そしてそして!

出ました、年の収めのAKB恋フォチュwith千葉エネミー!

この際、連写でどうぞ!(爆)(笑)(爆)(笑)(爆)(笑)(爆)(笑)










(ここで「男はつらいよ」に戻るwwwww」



ラストは再びMOONBOWSの登場にて、

出演者全員の大団円! ありがとうレッドラーっ!







店内の、ここそこにある思い出をかみしめながらの終演でした。

多くの募る想いを文字にするのは、もはや不可能です。


私は、すべてを歌に代えて、

ここで得たものを出し続けようと心に決めた夜でした。



お店の看板犬、 勘太ともお別れです(泣) どうか元気で!




最後に、森りっちゃんを囲んだショットを。

りっちゃんの白さと可愛さが際立ちますねwwwwwwwwwww



(何度も言いますが千葉さん黒すぎるwwww)


ご来場の皆様、関係者の皆様、そして千葉綾乃さん!

素晴らしい夜を授けてくださり、本当にありがとうございました!





-----------------------------------------------





 
Posted by tassee
Live Stage !! | - | - | 03:57
ありがとう名古屋2014



敬愛してやまないブルースマン達の写真、写真、写真。



1年半ぶりの、 名古屋 星ヶ丘 SlowBlues。

この公演が、本年のワンマンライブ締めくくり!




師走ならではの過密スケジュールのせいか、

この数日前までは過労?による発熱で倒れましたが、

意地と根性と執念で、ほぼ1日で回復させました(笑)




ご来場の皆様、関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。

とにかく当日は物凄い寒波が襲い、まさに肌を切る寒さの中、

地元名古屋、そして都内からもご来場が!

本当に本当に、嬉しく、心の底から感謝、感謝です。






それではセットリスト、まずは第一部から。


≪SET LIST≫

※赤文字=歌イビト語ルでの初演
-----------------------------------------------

 ■2014/12/17

  名古屋 星ヶ丘 SlowBlues


 【第一部】

  (01)ジ・エンターテイナー

    〜 サーカスにようこそ

  (02)天国に昇ったら

  (03)歌フ人生劇場 『三通の手紙』

    (挿入歌)曇りなき空

  (04)人生喜劇ブラボゥ

-----------------------------------------------

夏の歌舞伎町BlackSun以来の再演となった、

約10分間の 『三通の手紙』。 もちろん名古屋で初披露です。

久々でしたが、毎日毎日、

移動の電車の中でブツブツと脳内反復した甲斐がありましたw








偉大なるブルースの名盤に見守られてワンマンが出来るなんて、

本当に幸せですよね。

その気持ちをかみ締めながら、全力で歌わせていただきました。










さぁ、 そして、

第二部は、まさに名古屋ツアーならではの曲に挑戦www


-----------------------------------------------

 【第二部】

  (01)天邪鬼ブルース

  (02)酒場のローズマリー

  (03)孤独な巡礼

  (04)座布団

     〜 竜の神様頼みます

  (05)銀時計を探せ!

  (06)男はつらいよ
    (incl. 恋するフォーチュンクッキー)

  (07)心の窓


  <Encore>

  (01)素晴らしい君へ

  (02)Bye-Bye Friend

-----------------------------------------------

やはり名古屋で “スポーツ+ブルース” といえば、

かつて坂東英二が歌った、あの曲!


朝8時発の高速バスの中で思いつき、

トワ金のウラ横の音源を聴きながら暗記して、

リハーサルもしないまま本番に臨みましたが、

我ながらよく歌えたと自負www

会場の皆様にかなりウケて頂けたようで超嬉しかったですwww





そして気になる今回の“銀時計の歌返し”は、

「天才バカボン」「春の小川」などが登場!(笑)

さらに!

やはり名古屋だ!ということで、

久々にこの方、いわば元祖ヤマタカ・ボウ氏、

あの風見鶏回(カザミドリ・マワル)こと橋本哲臣が登場!




往年のPONYマニアにはたまらない展開にwwww



ヤマタカ・ボウの歌唱パートを熱唱!

・・・・ そのおかげで、後半のキーが1音下がるという珍事に(爆)





しかも!

名古屋に出向いてまで、性懲りもなくAKBの恋フォチュ!

まさに後半は忘年会のようなライブとなりましたw





早朝に新宿を出て、長時間バスに揺られ、

その日の夜にはワンマンライブという、めまぐるしい一日でしたが、

皆様の暖かいご支援を賜り、本当に楽しいツアーでした。





しかし!

外に出たら、なんと地元の方も仰天するほどの大雪が!!!!




打ち上げ会場に向かうために乗ったタクシーの運転手さんも、

「こんなのは、ちょっと今までなかったヒドさだなぁ〜」とのこと。

やっとのことで到着したのが、TAMAさん御用達の居酒屋、

新瑞橋の「山御爺(やまおんじ)」!

店内に飾られているフィギュアの数がハンパなく驚愕!





みんなで七輪を囲んで「とんちゃん」を網焼き〜♪

終電までのわずかな時間でしたが、美味にて幸せでした。




この夜の名古屋、ニュースでは9年ぶりの大雪だったそう。

昨年の北海道ツアーに続き、

またしても吹雪を呼ぶ男になってしまいました・・・・ トホホ。


やはり今後、ツアーは雪の降らない時期にしよう!(笑)

と、心に誓いつつ、

終電でホテルのある名古屋駅まで出て、朝まで呑みwww


朝まで付き合ってくださったTAMAさん、ファシモ、

千葉綾乃さん、オカリナちゃん、そして守友くん、

ありがとう! ありがとう! ありがとう! ありがとう!



あ、

おまけ写真は、「矢場とん」の名物“わらじトンカツ”!

今年もまた喰らってしまいましたw 大満足w





まさにお店のイメージガールの千葉綾乃さんも激写www


そうそう、あさって12/21(日)は、その千葉綾乃さん企画による

「さよなら初台RedDragon」のステージに、

歌イビト語ルも出演させて頂きます! 共演あり!(笑)

“レッドラでの歌イビト語ル+千葉さんのステージ” は、

これを最後に、もう観られません! 是非ともお越しを!


ご予約はこちらです!

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ac119972334494










-----------------------------------------------










 
Posted by tassee
Live Stage !! | - | - | 23:42
ありがとう歌舞伎町、冬。





4ヶ月ぶり、歌舞伎町BlackSunでのワンマン。


多くの方々にご来場いただき、心より感謝いたします。





今回は演じる側にとって、特別な意味合いを持つライブでした。





≪SET LIST≫

※赤文字=歌イビト語ルでの初演
-----------------------------------------------

■2014/12/07

 新宿 歌舞伎町 BLACK SUN jazz club



 【第一部】

  (01)ジ・エンターテイナー

    〜 サーカスにようこそ

  (02)天国に昇ったら

  (03)明日に架ける橋

  (04)ヨイトマケの唄

  (05)人生喜劇ブラボゥ


-----------------------------------------------


「天国に昇ったら」は、

ラジオでの生放送で何度か歌ったことがありましたが、

ライブで歌うのは、今回が初。


サイモン&ガーファンクルの代表曲「明日に架ける橋」は、

以前にBlackSunに飲みにこられたお客様からご要望を賜り、

初めてカヴァーさせていただく運びとなりました。






続いて第二部。

銀時計では、「青雲のうた」や「レインボーマン」、

「アメイジング・グレイス」などが飛び出しましたw


-----------------------------------------------

 【第二部】

  (01)天邪鬼ブルース

  (02)酒場のローズマリー

  (03)孤独な巡礼

  (04)罪深き、我がイメージ

  (05)銀時計を探せ!

  (06)男はつらいよ
   (incl. 座布団 〜 恋するフォーチュンクッキー)

  (07)BIG CITY BLUES


 <Encore>

  (01)心の窓

  (02)素晴らしい君へ

-----------------------------------------------


実はライブでは2年ぶりの「孤独な巡礼」、

公式ライブではこれも初となる「罪深き、我がイメージ」など、

これまでのメニューにはなかった曲を取り上げました。



そして、またしてもやってしまった、AKB(笑)

今回は「男はつらいよ」〜「座布団」とのメドレー。

まったく動けていないキレの悪さに、会場は失笑の嵐!(笑)








・・・ しかし今回、


自分にとって、もっとも難関、かつ重要だったのは、


新曲 「天邪鬼ブルース」 でした。


形式的な楽曲パターンから、とにかく脱却したかった私は、

フレーズの固定化をやめ、小節/拍を出来る限り無視し、

テンポや音階にも囚われることなく(むしろその行為を嫌い)、

ただただ、歌言葉を放り投げることに注力しました。


歌うたびに姿が変わる、“自分 対 自分”のリアルセッション。

生々しい己の起伏に左右され、二度と同じように再現できません。


無伴奏・独唱だからこその、「自由」に挑む楽曲です。


  ■天邪鬼ブルース


   ≪歌詞の体系≫

   へそ曲がりの天邪鬼

   危ない橋を渡ってまで飽くなき我が道を行く
   さすらい人を気取ってまで
   逆の方へ!逆の方へ!逆の方へ!
   皮のブーツを履き潰して、
   踵つま先を痛め尽くして、
   扉から扉への終わりなき挫折、挫折、挫折

   へそ曲がりの天邪鬼
   何の因果で、夜が明けるまで




   迎合に満ちた大衆の流行は
   過去の手垢にまみれた手法の成れの果て。
   嗚呼、反吐が出る。

   多勢に屈するおぞましさ、
   集団に群れる浅ましさ、
   覗き込む鏡の恐ろしさ、
   今夜も嫉妬を食べて生き延びよう。

   占い師に大枚をはたいて、
   煌びやかな未来を拝もう。




   常軌を逸して、こころ切り崩して
   ジンママンへの信仰心と忠誠心
   意味もなく、意義もなく、脈絡もなく、
   歴史に残る格言を唱え頭蓋骨を痺れさす。

   恨み辛み、妬みやっかみ、
   それがそれが、それこそが、
   己の中の理詰めのブルース、
   己の中の理詰めのブルース、
   理詰めのブルース、理詰めのブルース。

   へそ曲がりの天邪鬼
   詐欺まがいのジャズヴォーカル
   天邪鬼のブルース、天邪鬼のブルース
   へそ曲がりの天邪鬼のブルース

   暗闇から手を伸ばす。





この「天邪鬼ブルース」と同様に、

今回のワンマンで大きな意味を持ったのが、

これもライブ初登場、歌イビト語ルとして初めて披露する曲、

「BIG CITY BLUES」でした。

これが歌える日を、自分自身、どれだけ待っていたことでしょう。


この二曲の“ブルース”を軸にできたことは、

来週の名古屋公演にむけ、いいステップになったと実感しています。







志学会高校の文化祭で歌った「心の窓」も、

ご来場のお客様からのご好評を多くいただきました。

本当に有り難う御座います。


関係者、およびBlackSunの皆さんも、有り難う御座いました。


年内、もう一度くらいはフラリと歌いに行きたいと思います。







さぁ、いよいよ次は、名古屋公演ですね。


ほっとしている暇はありませんw


2014年の最終ワンマンライブは名古屋にて!





■12月17日(水)■

名古屋 星ヶ丘 SlowBlues


19:00開場/20:00開演

CHARGE ¥1,000(drink別) ※予約不要

http://www.slowblues.com/




さらに、続々とライブ決まってます。

年の納めは、このたび閉店されることになった初台 Red Dragon。

千葉綾乃さんの企画に出演させていただくこととなりました!


そして、

2015年、ふたたび怒涛の四日間ワンマン@鷺ノ宮じゃがいも村!

遂に予約受付開始です!


上記の公演情報、詳しくはこちらでご案内!

⇒ http://www.tashirotakashi.com/010.utaibito.html




今後とも、何卒宜しくお願い致します!!










-----------------------------------------------






 
Posted by tassee
Live Stage !! | - | - | 02:40
いよいよ! (and 急遽決定情報アリ)
    
12月7日(日)

新宿・歌舞伎町
BLACK SUN Jazz Club


http://blacksun.jazznet.jp/

17:00開場 17:30開演

限定25名様ワンマンライブ ※予約制
おひとり様 2000円
ソフトドリンク無料(アルコール類は有料となります)

★予約専用フォームにて受付中★
https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180



いよいよ一週間後に迫ってまいりました。


新曲ほか、初めてライブで歌う曲も取り揃えております。


都内でのワンマンライブはこれが締めくくり。


是非とも、お見逃しなく。


 
★☆★☆★☆★☆ !さらに! ★☆★☆★☆★☆



12月17日(水)

名古屋 星ヶ丘 SlowBlues


19:00開場/20:00開演

2014年の最終ワンマンライブは名古屋にて!

CHARGE ¥1,000(drink別) ※予約不要

http://www.slowblues.com/



名古屋の皆さん、待っててくださいね。

前回から、なんだかんだで1年半も経過してしまいましたが、

そのぶん、これまで積み重ねてきたものを全力で表現します。

どうか楽しみにしていてください!






〜 ところで、今宵はゲストとしてライブ出演させて頂きました。


劇団俳優座の、中寛三(なか・かんぞう)さんの朗読独演会。

会場は、おなじみ歌舞伎町のBlackSun jazzclub!




満員のお客様を前に、なんたる光栄。

来週のワンマンのプロモーションも兼ねまして、

「やさしいうた」そして「人生喜劇ブラボゥ」をお届けしました。





終了後に、なんとワンマンのご予約が!

嬉しさのあまり飛び跳ねるがごとく、ホントに嬉しかったです。

有り難う御座います!




この素晴らしい機会を与えてくださった中寛三さんに心から感謝です。

ますます、本番に向け精進し続ける思い新た、頑張ります!


 
★☆★☆ !そして ・・・ 急遽決定! ★☆★☆

〜 ありがとう Red Dragon 〜

12月21日(日)

初台 Red Dragon


http://www.maroon.dti.ne.jp/hpdragon/

アヤノ with チバンドライブ

ゲスト:Moombows/歌イビト語ル



このたび、千葉綾乃さん企画のイベントに、

上記の通り、ゲスト出演させて頂くことが決まりました!

(詳細後日)



PONY時代からお世話になり続けたレッドラに、

心からの感謝を込めて歌わせて頂きます。


千葉綾乃さんとの共演シーンも再び?! 乞うご期待です。




・・・ いやしかし、


続々と歌える機会を賜り、本当に嬉しいです。


師走のお忙しい中とは思いますが、

どうかどうか皆様、お越しくださいまし!






-----------------------------------------------






 
Posted by tassee
Live Stage !! | - | - | 23:37
ありがとう 志音祭♪2014


歌イビト語ルにとって、 初めてとなる、“学祭” への出演。




自分のようなヤカラが、

高校の文化祭のステージに立たせて頂けるとは、

なんとも光栄至極、ありがたいことであります。


その舞台は、

埼玉県の杉戸町にある、

志学会高等学校!







空気が美味くて青空が気持ち良すぎでした!(笑)




生徒さんが作ってくださったフライヤー。

こうして名前を掲載して頂けるなんて、ホントに嬉しいです(感涙)。





会場入りして、やっぱり体育館って広いな〜と実感。

朝方のヒンヤリした空気と、音の響き方に、懐かしさを感じました。

(ステージ上に小さく写っているのはタシロですwww)





着々と準備が進み、お客様も徐々にご来場。

いよいよ開幕し、

オープニングはモモンガ宮川アニキ率いる【元気バンド】!





そして、二番手にわたくし、【歌イビト語ル】であります。

広いステージにて、ひとり、無伴奏・独唱させていただきました。




マイクは一応、離れたところに立てておきましたが、

やはり体育館の天然リバーブがすごい!

ほとんどマイク不要で、気持ちよかったですw


30分のステージ、セットリストは以下の通りです!


★赤文字=歌イビト語ルとしての初演
-----------------------------------------------

■2014/08/30

 志学会高校・文化祭
 『志音祭♪2014』

 (01)サーカスにようこそ

 (02)悲しき二等兵

 (03)素晴らしい君へ 〜恋するフォーチュンクッキー

 (04)心の窓

-----------------------------------------------

後半は舞台下に降りて歌いました。

10月の鴻巣花火大会で神近まりちゃんから直伝頂いた「恋フォチュ」、

思い切って、独りで踊りながら歌ってみましたが、

会場内の、あまりの痛々しい雰囲気に途中で断念!(笑)

まるで悲惨な罰ゲームみたいな空気になってしまいましたwwww

まぁ、トライしただけ褒めてやってくださいwwww







ラストの曲としてお届けした 「心の窓」 ですが、

これは数ヶ月前、教頭の高橋先生と教員の松本先生から、

“志学会高校のイメージソングを作ってほしい”とご依頼を受け、

僭越ながら書かせて頂いた新曲となります。


志学会高校は通信制の学校ですが、

私は高校時代、夜間定時制に就学していました。

それもあって、様々な苦労の中で学業に勤しむことの辛さは、

共感できるところがあるのではないかと思っています。


「心の窓」は、そんな苦しい環境の中でも、自分を信じ、

みせかけだけの常識や多数派意見などに囚われることなく、

たとえ孤独でも逞しく、一度きりの人生を生き抜き、

“自分にしか到達できない場所”への入口=窓を歌っています。


虐げられた環境の中、横一列に並ばされ、抵抗は許されず、

はむかえば、「どうしてそう反抗するんだ、素直じゃないな」と、

常に怪訝に扱われていた毎日。

そんな、憤りの日々だったあの頃の自分を、重ねました。



ちなみに文化祭の前々日、

私のラジオ番組で、先行して生歌させて頂いております。

(音源⇒http://www.tashirotakashi.com/_twilight/141114.mp3


  ■心の窓


    心の窓を開きたい

    少しだけでいいから

    素直な気持ちなんて

    わからないから


    他の人には見えない景色が

    どこかにあると信じて

    険しい道を歩めるだけの

    強さが欲しい


     振り回されて、ねじ伏せられて

     知らぬ間に流されて

     周りと同じ色に染められた


     なりたい姿の私は

     きっとあの空の

     向こうで待っていてくれているはず


    心の窓を開きたい

    新たな風、新たな光

    感じたこともかつてないような

    何かを求めて


    心の窓を開きたい

    誰にも惑わされないように

    私だけにしか開けない

    小さくても

    大きな、大きな夢に

    つながる窓を







さて、

実は今回が、 この志学会高校にとっても、 初の文化祭。


谷中校長先生も演壇でのご挨拶で仰ってましたが、

まさにこの催しが、学校にとっての「記念すべき日」。


そんな素晴らしい瞬間に、歌イビト語ルとして立ち会えたことは、

本当にありがたい限りの、貴重なことであります。





教職員の方に伺ったところ、

だいたい通常の催しは職員側が主導して行われるところ、

今回の文化祭だけは、生徒さん主導で進行したとのことです。

タイトル、企画運営、制作、司会、設営、宣伝など、

まさに生徒さんひとりひとりの、手作りで成り立った文化祭。

今後もこれがひとつの伝統になって、継続していけばいいですね。





司会進行役のお二人、ミズキさんと、サツキさん。

タシロがトワ金を始めた頃、お二人はまだ0〜1歳だったなんてw

いやはや、これぞ時流の驚異というものです(笑)





そして再会! 「うめぼしのうた」でお馴染みのモモンガ宮川アニキ!

この日は【元気バンド】としてビリー・ジョエルの「My Life」等を熱唱。

メンバーの皆さんとも写真を撮らせて頂きました!




そして!

これは貴重な、初のツーショット写真ではないでしょうかwww

イベントでトリを務められた、ご存知【さくまひでき】くんです!




久々の再会でしたが、歌イビト語ルとして彼と競演するのは初で、

お互いゆっくり話す時間はなかったものの、舞台袖での待ち時間、

色々と語らうことができました。





最後は、出演者の皆さん全員で記念撮影。

またこの場に再訪できることを願いつつ、文化祭は無事に閉幕。


関係者・教職員の皆様、たくさんの生徒さんたち、

共演者の皆様、そして、ご来場くださった皆様、

本当にありがとうございました!




-----------------------------------------------
さぁ!

いよいよ歌イビト語ルは歌舞伎町ワンマンのモード全開!

ご予約は、お早めに!



■12月7日(日) 歌舞伎町 BlackSun
http://blacksun.jazznet.jp/
〜4ヶ月ぶりの都内ワンマン、専用フォームよりご予約受付中!〜

【ご予約専用フォーム】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180












 
Posted by tassee
Live Stage !! | - | - | 12:45
ありがとう MARUwDa311



これまで、歌イビト語ルをご覧頂いたお客様から、

たびたび「大きなホールで観てみたい」というお言葉を賜り、

自分も常々、その夢を抱いているわけなのですが、

今回は、その第一歩の足がかりとなった気がして、

本当に嬉しく、そして有り難い気持ちでいっぱいです。



『MARUwDA311 東日本大震災復興支援 Live 4』

東日本大震災の復興支援のためにイベントが開催されました。

11/8の昼から、会場は九段下の二松学舎大学・中州記念講堂。

大所帯のビッグバンド4組や、

ブルースバンドに、語り朗読などなど、

出演者は総勢で、124人!


スタッフ関係者の方々には、

歌舞伎町BlackSunでお会いした人がたくさんいて、

マスターの氏家さんはじめ、皆さんそれぞれの持ち場で汗を流し、

イベントを支えて下さっていました。

また、南三陸町にて被災された方からの、現状報告もありました。



そして私は、

女優の森うたうさん主宰“水の輪”の一員として、

そのパフォーマンスに参加させて頂いたという次第です。





水の輪の演目 『ふれあおうよ地球と』 は、

ジャクリーヌ・ホースフォール氏の書いた幼児向けの短編詩集を

公益社団法人ネイチャーゲーム協会が翻訳発行している中から

七編を抜粋、森うたうさんによる演出のもとで構成されました。


今年も様々な自然災害がありましたが、

地球や自然は人類の配下にあるのではなく、

ずっと絶えず生き続けている大きな存在であり、

その地球と共存するために、私達は何を心得るべきか――――。

その想いを短編詩に込めながら、お送りしたものになります。


そして舞台は、

私の無伴奏・独唱ではじまるという演出 ・・・ 身に余る光栄です。






冒頭、独りでステージに登場し、

アドリブで思いっきり、全力で歌わせて頂きました。








お届けした七編のパフォーマンスには、

それぞれアカペラによる楽曲が添えられたのですが、

音楽担当は、私と、

かつてトワ金にゲスト出演されたことのある丸山真樹子さん、

そして同じく女性シンガーソングライターの浅野由美子さんの三人。

タシロは譜面や仮演奏テイクが提示できない低スキル人間のため、

ほとんどマルさんとミコさんに甘えてしまってました(ToT)ゞ スンマセン






タシロが楽曲を担当したのは、

前述のオープニング独唱から「木のホテル」のスキャット。

そして、

鳥たちと仲のいい案山子を、私みずから演じさせて頂いた

「心やさしい ぼくは かかし」。





案山子のセリフと、自作の歌を合わせたパフォーマンスでしたが、

もともと歌は入れておらず、ゆくゆく尺が足らないということになり、

急遽、私が稽古中の現場で歌を書き上げました。






ほか、コントラバスのように低音をロングトーンで歌ったり、

生まれて初めてボイスベースをさせてもらったり、

とにかく多くの貴重な経験をさせて頂いた次第です。








終演後は舞台袖で、うたうさんと一緒にインタビューを受けまして、

これもまた光栄この上ないことだったわけであります。







ネイチャーゲーム協会の方にも喜んで頂けたとの知らせを受け、

本当に良かったなぁと実感しています。


この機会を授けてくださった、森うたうさんをはじめ、

水の輪のメンバー、スタッフ関係者の皆様、

そして何よりご来場下さった皆様に、あらためて御礼申し上げます。



〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜



さぁ、そして、

これだけでは終わらないのが、MARUwDa311のスゴイところ。




イベント終演後は交流会が、

大学の学食レストランを会場にして盛大に開かれました。




100人以上の方々が、夜景を見渡せる13階の会場に集結です。

ひっきりなしにセッションがはじまり、

後半、ついに歌イビト語ルが登場いたしました(笑)




最初は無伴奏・独唱スキャットで登場し、

「聖者の行進」から「素晴らしい君へ」となだれ込みます。




そして、

イベントでトリを務められたProject D.D.T.の方々と合流し、

「風になりたい」をほとんどブッツケでセッション!(笑)

会場の皆さんがどんどん飛び入りしてきて、

これがかなりの盛り上がり! いやホント楽しかったです。







交流会の終了後は、もちろん撤収作業に取り掛かるわけですが、

皆さんが片付けをしている最中にも“横で歌ってみ”と言われ、

僭越ながら「やさしいうた」を歌わせて頂きました(恐縮デス!)。



あぁ ・・・・ まぁ何しろ、

早朝から夜遅くまで、

とにかく色んなこと盛りだくさんの1日でした。


もはや、文章としてのレポートにも、まとまりがつきませんw


写真撮影いただいたお客様、ご提供ありがとうございました!




もちろん、この余韻にゆっくり浸れる時間もなく、

次はいよいよ11/16(日) 志学会高校の文化祭です!


新曲も出来上がりましたので、気合い充分。

お時間ありましたら、是非お越しください!







-----------------------------------------------
★12/7(日)
 歌舞伎町BlackSunワンマンライブも予約受付中です!


 予約専用フォーム
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180









 
Posted by tassee
Live Stage !! | - | - | 00:32
歌イビト語ルの、11月と12月。




徐々に2014年も大詰め。



年の瀬に向けて、歌イビト語ルは駆け抜けます。







まずは、 いよいよ、 まもなく予約開始!





12月7日(日) 歌舞伎町 BlackSun jazzclub






【拡大PDF】



●四ヶ月ぶりの都内ワンマン!



●17:00開場/17:30開演



●おひとり様 2000円 ソフトドリンク無料(アルコール類は有料)



限定25名様ワンマンライブ ※予約制



◎11月1日(土) 午前11時11分より 予約受付開始

 予約専用フォームhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/46319e0c231180



・歌舞伎町BlackSun ⇒ http://blacksun.jazznet.jp/





今年の夏から、何度もお店に出向いては、生歌BGMなどをさせて頂いて

いるジャズクラブ、歌舞伎町BlackSun。二度目のワンマンライブです!

果たして今回はどんな内容に?! 乞うご期待であります。





と、

その前に、

まずはいちばん近くに迫った公演がこちら!





11月8日(土)【震災復興チャリティイベント出演】



『MARUwDA311 東日本大震災復興支援 Live 4』






→【公式サイト】 http://www.maruwda311.com/



●九段下

 二松學舍大学 九段キャンパス 中洲記念講堂(1号館内)



●12:30開場/13:00開演(イベント終演18:00)



入場無料





女優・森うたうさん主催“水の輪”のパフォーマンスメンバーとして

出演させて頂きます。



400席のホールの舞台でひとり、無伴奏独唱するタシロをお見逃しなく!





そして、

イベントの1週間後には、

歌イビト語ルにとって初の“文化祭出演”であります!





11月16日(日) 志学会高等学校 文化祭








→【公式HP】 http://shigakukai.ed.jp/



●12:00 受付開始 / 13:00より開会式 / 15:10頃 閉会予定



●出演: 元気バンド、 歌イビト語ル、 さくまひでき



●入場無料



●会場住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町大字並塚1643





通信制の高等学校ということで、定時制卒の自分としては、

そのご苦労に共感できるところも多いと思っています。

今回が初の文化祭だそうでして、本当に光栄ですね。

さくまひできくんとは、歌イビト語ルとして初の(奇跡の)顔合わせww

元気バンドは「うめぼしのうた」でおなじみ、モモンガ宮川アニキです!





さらに、

今年も名古屋に出向かせて頂きます!



12月17日(水) 名古屋 星ヶ丘 SlowBlues






→【お店のHP】 http://www.slowblues.com/



●19:00開場/20:00開演/二部構成ワンマンライブ



●CHARGE ¥1,000(drink別) ※予約不要





昨年の6月以来、やっと名古屋に行けることが決まりました。

今年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか・・・・!

名古屋の皆さん、待っててください!

つか、都内の皆さんも一緒に行きましょう!(笑)





-----------------------------------------------



今後の詳細は歌イビト語ルのページでもお知らせします。



http://www.tashirotakashi.com/010.utaibito.html



-----------------------------------------------
















Posted by tassee
Topics !! | - | - | 01:20
役者たちの秋



10〜11月は、毎年いたるところで舞台本番や発表会。

わたくしも今年、チャリティ公演や文化祭に出させて頂きますが、

あっちへこっちへと、観る側も忙しかったりするこの時期。



▼小玉久仁子個展


10/18 久々に下北沢に出て、あの劇団ホチキスの女優、

小玉久仁子さんの個展という催しに出向いてまいりました。




ホチキスといえば、以前PONYに、

ファシモ(橋本哲臣)やカトウ(加藤 敦)が参加してくれてましたし、

実は小玉さんとも、何かと諸々つながりがあったりします。


これまでのホチキス公演のフライヤーや絵画美術セットは、

ほぼ小玉さんが手掛けてらして、これがとにかく、どれも素晴らしい。

以前から、すごいセンスだなぁーと、常々感心しておりました。


そんな作品の原画を拝見できるというわけですから、

絵が好きな自分としては、もうたまらないのであります。


2003年ごろでしたでしょうか、名古屋の劇団だった彼らが、

東京に出てきて最初に仕掛けた公演が、『脳とノート』。

確か、江古田の小さな芝居小屋で拝見しました。

たぶん今でも保管してあるであろう、あのフライヤーの、

その油絵の原版を今回、じっくり鑑賞しまして、感無量。

以降、まるで劇団の堂々たる歴史を紐解くかのように、

小玉さんの作品が並んでいました。


新宿で『殺し文句』を見たあとに九州ラーメン食った、とか、

『佐々木の船』の頃にはPONYもめっちゃ忙しかった、とか、

『アルバトロス』は仕事が終わらず観に行けなくて号泣した、など、

自分自身の思い出ともオーバーラップして、懐かしさひとしお。

いろんな意味で、素敵な個展を拝見させていただきました。



▼智恵子とゐふ女

翌日の10/19には、麦人さんにインタビューを行うため、

中野・鷺ノ宮のじゃがいも村にお邪魔しました。



http://www.mugihito.com/


いよいよ11月1日から、9日間の連続公演が始まります。

有名な、高村光太郎の「智恵子抄」を題材とした、独り語りです。

昔、それなりに読んだことのある詩集ですが、

今回、麦人さんなりの解釈でもって舞台をされるということで、

実に興味深いものがあります。


ちなみにタシロは、智恵子の死後の翌年に綴られた“梅酒”や、

“荒涼たる帰宅”などを読むと、いつも胸が締めつけられます。


インタビューでは、いろんな話が飛び出しました。

今週(10/24)以降、私のラジオ番組で放送させていただきます。

フラワーラジオ(FMこうのす76.7MHz)https://www.fm767.com/



▼語り同人 じゃがいも/秋の季『収穫祭』

麦人さんへのインタビュー時、芝居小屋には数名の若者が。

彼らも、いよいよ公演本番間近。

“語り同人 じゃがいも”の皆さんです。



http://juku.jagaimo-mura.net/


麦人さんがアドバイザーを務める、“同人”の方々のうち、

10/23からスタートする今回の公演へのご出演は、計12名。

皆さんそれぞれが選出したお話を、

“独り語り”する内容です。


芥川からグリム兄弟、金子みすヾ に宮沢賢治などなど、

個性豊かな面々による、様々な表現。 楽しみですね。


麦人さんのインタビュー収録作業終了後、

みんなで飲みに行きましたが、本番数日前の緊張がありつつも、

それでも超ワイワイ、にぎやかで楽しい皆さんでしたw



▼劇団俳優座 創立70周年記念公演『巨人伝説』

次回10/24のトワ金は、

ゲストに俳優座の女優・安藤みどりさんをお迎えします!

安藤さんは、以前に麦人さんとの共演などもある女優さんで、

11月からは、こちらの舞台にご出演されるとのこと!



http://www.haiyuza.net/

とにかく本格的で、歴史のある劇団ですから、

タシロも失礼のないようにしないとw


ちなみに安藤みどりさん、今年の2月にじゃがいも村で開かれた、

歌イビト語ルのワンマン公演にお越し下さってました。

タシロも、3月に安藤さんが出られた『犬の心臓』を拝見してまして、

いやはや、戦前のロシア文学。 興味深いところばかりの内容で、

食い入るように、興奮しながら鑑賞させていただきましたw


次回のトワ金では、安藤さんとの独自企画を考えてます。

二人で、ラジオで、どんなことが出来るか、私自身も楽しみです。



▼水の輪 『MARUwDA311 震災復興支援 Live 4』

やはりこちらをご案内しないわけにはいきませんよね。

徐々に近づいてまいりました。

私も出演します。

400人ほど収容のホールで、無伴奏・独唱するシーンを頂き、

今から胸が高鳴って仕方ありません。



http://www.maruwda311.com/



昼間ですが、たくさんのビッグバンドも登場、入場も無料です。


また、このチャリティイベント開催に際し、

代表の氏家さんがやっているお店、歌舞伎町BlackSunにて、

10/25(土)にプレイベントが開かれます。

http://blacksun.jazznet.jp/

ジャズのセッションとかが繰り広げられる模様・・・・

詳細まったく分かりませんがw

タシロも、おそらく夜20時くらい?には顔を出すつもりです。

もしよければ、秋の夜長、一緒に楽しみましょう〜♪








-----------------------------------------------






 
Posted by tassee
Topics !! | - | - | 02:51